声帯の状態3種類

声帯の状態3種類
声帯はのどにある粘膜です
声を出す時閉じて、息を吐く時開きます

下の写真は喉を真上から見た時の様子です

 

①息を吸った時

 

 

②声を出している時

声を出している時
まんなかに見える2枚の粘膜が振動して音が出ています

そしてこの声帯のパターンは3種類に分かれます

声帯を閉じてから息が出るパターン

➪硬い音で始まる
息が先にでて声帯が閉じる

➪Hのおとが混じる

同時に起こる

➪比較的柔らかい音で始まる

 

 

声帯の閉鎖具合は音色を決める大事なポイントとなります
しっかりと練習して

3種類出し分けれるようになりましょう!

声帯と呼吸の関係はこちらの本がおススメです。
ちょっとマニアックですがとても分かりやすいですよ!

声門閉鎖と声帯・仮声帯/声の圧縮/吸気筋と呼気筋の連携/内転筋と錐体筋/イ母音を基準にした発声【声を鍛える発声理論の本】

 

 
タイトルとURLをコピーしました