発声の構造

ボイトレ
xusenru / Pixabay

発声の構成要素3つ

  • 呼吸
  • 声帯
  • 共鳴

 

呼吸→声帯→共鳴

の流れで声が出来上がる

 

 

呼吸について

 

呼吸=空気を送り込むのが仕事

強い呼気は必要ない

 

呼吸の役割としては

体のリラックスのために鍛えた方が良い

又は息を吐きすぎないために、肺の空気圧を保つ為に鍛えた方が良いが

 

  1. 力みグセがある
  2. 呼気が弱すぎる人
  3. あがり症の人

この3パターンに当てはまる人は是非、呼吸を見直してみましょう!

 

⭐️お勧め書籍⭐️

ねころんで読める呼吸のすべて

心と体をラクにする呼吸スイッチ健康法

原音(声帯)

声帯には2つの役割があります

それは

  1. 声帯の開閉
  2. 声帯の伸縮

です。

声帯の開閉基本動作と音色

基本動作

発声時→閉じる

吸気時→開く

声を出している時閉じて、息を吸っている時開きます

 

 

音色

閉じる→音圧が上がりいわゆる地声

少し開いている→ファルセット

 

 

 

一度画像検索などで「声帯」

を調べてみましょう。

声帯は一円玉ぐらいの大きさの組織で

かつデリケート

声帯に負担をかけないように心がけましょう。

声帯に負担となる事

  • 力み
  • 強すぎる呼気

 

発声で悩む人の多くは

過剰すぎるエネルギーを使っています

お風呂でリラックスしているように声を出しましょう

 

 

共鳴

共鳴の役割=声帯でできた原音を増幅させる

共鳴はいわばメガホンのような役割があります

主な共鳴腔

  1. 咽頭腔
  2. 口腔
  3. 鼻腔

咽頭腔

1・輪状軟骨と甲状軟骨の傾き具合で空洞の調整をする

2・咽頭の上下運動で空洞を調整する

 

声の原音を作る喉頭は

他の関節とのリンクが無く、筋肉や粘膜により吊るされたように存在しています。

 

筋肉の拮抗バランスにより上下に動いたり

軟骨接点の角度を変えて空洞を調整します。

口腔

口の中の状態を変えて響かせます

主に影響するのが顎の位置 舌の位置です

声道の長さが長ければこもった感じ、短いとクリアな感じになります

声道の広さが広ければ柔らかい感じ 狭いと硬い感じになります

鼻腔

鼻腔は伸縮運動ではなくどれくらい口蓋垂をコントロールするかで
響き方が変わってきます
このセクションは、ちょっとマニアックなお話になりそうなので

詳しくはまた後日にします

 

鼻声か

鼻声でないか

というのをきめるばしょでもあります

 

 

 

 

本日は以上となります

最後まで読んでくださり有難うございました

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました