ANA成田国際線乗り継ぎ40分

NY渡航音楽留学
WikimediaImages / Pixabay

中部国際空港から成田国際線乗り継ぎ手順

ANAの国内線→国際線乗り継ぎまでで必要な事

❶シャトルバスに乗る
❷保安検査
❸パスポートチェック
❹国際線NY行き乗場まで
❺搭乗ゲートで手続き

序章

2019年4月8日

いよいよ旅立ちの日だ。
人生初のひとり旅。
ニューヨーク。

出発フライトは以下の予定でした

名古屋(中部) – 東京(成田)
14:35発15:50着
座席番号:9A

乗継(国内線→国際線)

東京(成田) – ニューヨーク(JFK)
16:40発16:35着
座席番号:36G
エコノミー:L / OK

今回の反省は、乗継時間がなんと!
40分だったと言うことです。

海外ど素人感が滲み出ております。
「JRから私鉄に乗り換える」
くらいにしか考えておりませんでした

結論から言うと乗継はうまく行きましたが
一歩間違えたら乗れなかったですね。

実は中部国際空港の搭乗手続きのとき
「お客様は、この後成田で乗継があります
成田乗り継ぎがタイトなので、
機内からすぐに移動出来るように
前方の席に移動させて頂いても宜しいでしょうか?」
とご提案頂きました。

元の席9A
変更後5A

たった4シート前に移動するだけなのですが
これが後々大きな助けとなっていることに気がつきます。

成田到着からシャトルバス

所要時間約10分

成田につきました。
着陸してから…..
なんと!シャトルバスで空港内を移動するパターン
オーマイガ!
すぐに乗り継ぎカウンターに行ける訳ではないのね!
ここでようやく間に合うか心配になってきました。
中部空港の搭乗手続きで席を変えて頂いたこともあり
エコノミー席の中では真っ先に
シャトルバスに乗ることができました

シャトルでは席に座らず
運転席のすぐ左の降車ドアの近くに立ちました。
ある程度の人数が乗るまでバスは発車しません。
この待ち時間が焦りを加速させます。
そしてシャトル到着
一刻も早く降車ドアから表に飛び出しまし
猛ダッシュで国際線乗り継ぎ窓口に向かいました
こんな真面目に走ったのは
高校生のリレー以来かも知れません
息が上がって喉がカラカラです。

保安検査

所要時間約3分

オーマイガ!!
また保安検査やるの?
パソコン取り出すの結構大変なのに><
と言うことでPCを手荷物で持っていく人は
シュッと取り出せるようにエコバックの中に入れておきましょう

このセクションはバスを降りてから
ダッシュした事が功を奏し
検査場前に誰もいなかったのでとてもスムーズでした。
振り返るとすぐ行列になっていました。
シャトルを降りたらダッシュ!
これかなり重要です。

航空券チェック

所要時間約10分

オーマイガ!!!
ざっと数えただけで私の前に50人くらい並んでる
しかも窓口のおねえさん一人しかいない!
一人20秒で終わったとしても
1分3人
てことは
10分30人
既に出発まで20分を切っている。
これは大変なことになってしまいそうだ….

とかなりドキドキしていたら
車椅子の方の対応を終えた方が、
航空券チェックのフォローに入ってくださり
一気にスピードアップ!
神様は本当にいるんだなと思いました(笑

国際線NY行き乗場まで

出発まで後10分

成田発ニューヨーク行きは11番乗り場
お手洗いを済ませて、搭乗チェックイン
なんとか5分前にゲートには入れた〜とほっとした瞬間
あれ!?
ない!!
さっきまで来てたコートが!!!
お手洗いに忘れたーーーーーー><

急いで戻り
ANAの人に事情を話し取りに行かせてもらいました

無事成田から飛び立地ました
席に座る時刻=出発時刻

まとめ

ANAの国内線→国際線乗り継ぎまで

❶シャトルバスに乗る
❷保安検査
❸パスポートチェック
❹国際線NY行き乗場まで
❺搭乗ゲートで手続き

全ての行程を合理的に行えば
乗り継ぎ40分は可能です!

正直結構ハードだったのでオススメしません。
成田でANA同士の国際線乗り換え検討の方は
できれば余裕を持って1時間はあったほうがいいと思いますよ

次はJFKからUBERの乗り方についてです
お楽しみに

関連記事

成田国際線ニューヨーク行きANAの機内食

タイトルとURLをコピーしました